その根底にあるのは、一人ひとりが主体的に生きていること、豊かに生きていること。楽しく暮らしていること。人間らしく、生き生きしていること。そのことを大切にしていること。 工房集は「そこを利用する仲間だけの施設としてではなく、新しい社会・歴史的価値観を創るためにいろんな人が集まっていこう、そんな外に開かれた場所にしていこう」という想いを込めて「集(しゅう)」と名付けました。
さらに詳しく見る

【販売中】第11回埼玉県障害者アート企画展 「Coming Art 2020」作品集

第11回埼玉県障害者アート企画展 「Coming Art 2020」
作品集が完成しました!

本展は、埼玉県による障害のある方を対象にした「表現活動状況調査」をもとに、
県内の福祉施設・関係者、行政、美術関係者、弁護士など、
さまざまな分野の方々が作品を選考し、協働して展覧会を運営しています。
11回目の今回は、初出展の作家から、ベテランの作家まで、
74名による多彩な作品をご紹介しています。

本書では、作品に加えて展覧会ができるまでのプロセスもご紹介しています。
展覧会にお越しいただけない方にも
展覧会や作品の魅力をお楽しみいただける内容となっておりますので、
ぜひご覧ください。

——————————————————————————————–

第11回埼玉県障害者アート企画展 「Coming Art 2020」作品集

執筆・キュレーション:中津川浩章
アートディレクション:水川史生(en design studio)
撮影:今井紀彰(作品)、工房集(選考会)
DTP:工房集デザイン室
編集・発行:社会福祉法人みぬま福祉会 アートセンター集
〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1445(工房集内)

発行日:2020年12月2日
サイズ:21㎝×21㎝/86頁
価格:1,000円(税込)

工房集オンラインショップにて取り扱っております。
https://kobosyu.thebase.in/items/36732746

——————————————————————————————–
▼展覧会情報
第11回埼玉県障害者アート企画展
「Coming Art 2020」

会期:2020年12月2日(水)-6日(日)会期中無休
10:00 – 17:00 ※最終入場16:30 入場無料
会場:埼玉県立近代美術館 一般展示室1(地下1階)

主催:埼玉県障害者アートネットワークTAMAP ±〇、社会福祉法人みぬま福祉会
共催:埼玉県、埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会
協力:アートセンター集協力委員
助成:令和2年度埼玉県障害者芸術文化活動普及支援事業
キュレーション:中津川 浩章

◆出展作家◆
相田大希、青木悟、AMI、石井章、石井陸渡、伊藤裕、今泉美恵、岩井美和子、内田拓磨、EMI、大川誠、大串憲嗣、大森郁夫、小幡海知生、かすみん、岸千晶、けいこ、小泉哲也、河野大典、甲村哲之進、小林かほり、小牧美穂、斉藤淳太、斎藤進、坂口武繁、佐々木省伍、椎橋豊、清水聡、関口エイ子、関口直子、、高野博史、高野穂、高橋康夫、、高谷こずえ、瀧田千鶴、田島絵里、田中啓示、田中悠紀、田村智宥、冨田聖治、なお丸、永井洋一、中崎強、長野雅史、 中村昌男、成澤瑞穂、西川泰弘、能崎由貴子、野村真優子、野本竜士、白田直紀、浜林主基、林良樹、原和輝、平川寛隆、福島尚、星野児胡、真嶋翔生、松崎悠希、松田良雄、三宅史洋、宮原裕美、森秋子、森川里緒奈、安田拓海、山口敏夫、ヤマダジュンヤ、山中正則、ユキウサギ、横山明子、横山松幸、吉川健司、リャン☆リー、渡邉あや

展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


過去の記事

2018年度
2017年度
2016年度