その根底にあるのは、一人ひとりが主体的に生きていること、豊かに生きていること。楽しく暮らしていること。人間らしく、生き生きしていること。そのことを大切にしていること。 工房集は「そこを利用する仲間だけの施設としてではなく、新しい社会・歴史的価値観を創るためにいろんな人が集まっていこう、そんな外に開かれた場所にしていこう」という想いを込めて「集(しゅう)」と名付けました。
さらに詳しく見る

アートセンター集 報告書2017-18・報告資料

厚生労働省による平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業の一環として行った事業について、
「アートセンター集 報告書2017-18」としてまとめました。報告資料と併せて公開します。
ご協力をいただいたみなさま、ありがとうございました。

事業実施結果報告書.pdf
障害者芸術文化活動普及支援事業_報告資料.pdf

 


「アートセンター集 報告書2017-18」


全頁はこちらからご覧いただけます。アートセンター集報告書2017-18.pdf

各頁は以下をご覧ください。

<目次>
はじめに  p2-3.pdf
Ⅰ事業概要 p4-9.pdf
ⅰ アートセンター集とは
ⅱ 活動について
<ホームページ> リニューアル!

Ⅱ活動報告 p10-25.pdf
ⅰ みんなでつくる ネットワーク活動
―多様な表現を発掘·発信する 埼玉独自の支援の取り組みー
● 埼玉県障害者アートネットワークTAMAP±〇
● みんなでつくる展覧会のSTEP
● 定例会·特別講義
● 表現活動状況調査
● 作品選考会

ⅱ つながり育む 4つの展覧会 ― 作品展&グッズ展&作家イベント ー  p26-45.pdf
4つの展覧会と作家イベント
1「うふっ♥埼玉でこんなのみつけちゃった♪」
2 織り&グッズ展 ツグズムズ10
3 第8回埼玉県障害者アート企画展
4「うふっ♥埼玉でまたまたこんなのみつけちゃった♪」
● 来場者投票上位10名作家紹介
● それぞれの深まり広がり
● アンケートまとめ

ⅲ 新たな挑戦 ダンスWS&公演 p46-53.pdf
ダンス公演「あはっ★埼玉でこんなこともやっちゃった♪」

ⅳ 学び広げる さまざまな研修会 p54-69.pdf
① 障害者芸術支援シンポジウム
② 権利保護や商品化に関するセミナー
● グッズ研修会
● アトリエ見学ツアー
● インターンシップ研修

ⅴ 支えつなぐ 相談窓口 p70-77.pdf
● 相談支援
● 相談分類表
● 相談事例×7
<広報> 掲載記事

Ⅲまとめ p78-87.pdf
ⅰ 支援のいま ― 支援の現状と活動の成果 ―
ⅱ 活動のこれから ― 課題を踏まえて、今後の展望 ―

施設紹介 みぬま福祉会「工房集」の理念と取り組み


アートセンター集 報告書 2017-18
2018年3月30日発行

企画・編集・発行
社会福祉法人みぬま福祉会
構成・編集 武居智子
編集協力 杉千種(con*tio) TAMAP±〇
写真 荒木隆男 今井紀彰 鈴木広一郎 武居智子 工房集
アートディレクション 水川史生(en design studio)
デザイン 藤沼重人(Type-f design room) 工房集
助成 厚生労働省「平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業」


過去の記事

2018年度
2017年度
2016年度