その根底にあるのは、一人ひとりが主体的に生きていること、豊かに生きていること。楽しく暮らしていること。人間らしく、生き生きしていること。そのことを大切にしていること。 工房集は「そこを利用する仲間だけの施設としてではなく、新しい社会・歴史的価値観を創るためにいろんな人が集まっていこう、そんな外に開かれた場所にしていこう」という想いを込めて「集(しゅう)」と名付けました。
さらに詳しく見る

2021年度南関東・甲信障害者アートサポートセンター事業報告書を公開しました

「2021年度南関東・甲信障害者アートサポートセンター事業報告書」が完成しました。
(さらに…)

公募展・イベント情報

南関東・甲信障害者アートサポートセンターのホームページにて、
公募展やイベント情報を掲載しております。

詳細はこちらをご覧ください
https://skk-support.com/

web掲載のお知らせ

ウェブマガジン「こここ」にて、障害者芸術文化活動普及支援事業に関する記事が公開されました。
(さらに…)

【動画配信】尾崎翔悟さん・ヤマダジュンヤさんの制作風景動画が公開されました

埼玉県による「埼玉県障害者アートオンライン美術館」にて、
工房集所属の尾崎翔悟さん、多機能型事業所わっくす所属のヤマダジュンヤさんの
制作風景を紹介する動画が公開されています。
(さらに…)

1/20-3/4 アート作品展スマイル・プラス@オンライン開催

3月4日まで、さいたま市社会福祉事業団によるオンライン展示が開催されています。
(さらに…)

3/24 Eテレ「no art,no life」で小幡海知生さんが紹介されます

埼玉県在住の小幡海知生さんがNHKの5分間のドキュメンタリー番組にて紹介されます♪
(さらに…)

ともにアートプロジェクト 展覧会「あふれる思い ふれる気持ち」@新潟市美術館 市民ギャラリー

埼玉県障害者アート企画展にお力添えいただいている、
新潟市美術館の前山裕司館長が監修を手掛けられる展覧会が開催されます。

(さらに…)

南関東・甲信ブロック合同企画展「ドキュメントとしての表現」動画配信のお知らせ

当法人が主催で開催した展覧会の動画を配信しております。
(さらに…)

3/17 Eテレ「no art,no life」で関口直子さんが紹介されます

1月に開催した南関東・甲信ブロック合同企画展「ドキュメントとしての表現」の出展作家のおひとり、関口直子さんがNHK「no art,no life」にて紹介されます。
(さらに…)

音楽劇・枇杷の家@東松山(3/20.21)

舞台公演のご案内をいただきました。

音楽劇・枇杷の家
【公演日】
2022 年3 月20 日(日)・21 日(月・祝)※両日とも14 : 00開演 (13 : 30開場)
​【場 所】
東松山市民文化センターホール 〒355-0024 東松山市六軒町5-2
【チケット発売】
メンバーズ先行  2022年1月8日(土)~
一般発売     2022年1月15日(土)~
​【チケット料金 全席指定・税込】
一  般   3,000円
メンバーズ会員  2,500円
高校生以下  1,000円(※未就学児は入場不可)

​【チケット取扱】
東松山市民文化センター 窓口・電話(8:30~17:15)
東松山市六軒町5-2
電話 0493-24-2011
FAX 0493-24-2012
mail theater@pac.or.jp
※発売初日のみ 窓口 10:00~ / 電話 13:00~
※メンバーズ価格でのご提供はおひとり様2枚まで

詳細はこちらをご覧ください

福祉と表現にまつわる研修会「cento-シエント-」に参加します

 

 

社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館主催の、研修会「cento-シエント-福祉と表現にまつわる研修会」に工房集が参加します。
※定員により参加お申込みは終了しています。
福祉と表現に興味・関心がある方や、障害者支援施設等で表現活動のサポートに携わっている方、障害のある方等の表現活動に携わっている方をはじめどなたでもご参加いただける研修です。
全3回のオンライン研修プログラムのうち、3/17(木)「表現や魅力を製品などにして伝える」にてオンラインにて講師として参加致します。
障害のある方の表現を社会につなげる拠点としての、これまでの活動から得たポイントや大切にしている事などをお伝えします。


 

「cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会」
日時:2022年1月20日(木)、2月17日(木)、3月17日(木)各日13:00〜15:00(要予約)※定員により参加お申込みは終了しています。

対象:福祉と表現に興味・関心がある方、障害者支援施設等で表現活動のサポートに携わっている方、障害のある方等の表現活動に携わっている方をはじめ、どなたでも。
(福島県内の方の参加を優先しますが、福島県外の方の参加も可能)

参加費:無料

講師:板垣 崇志( 板垣崇志/しゃかいのくすり研究所 ・ るんびにい美術館アートディレクター)
高野 賢二・朝比奈 益代(クラフト工房 LaMano)
宮本 恵美・渡邊早葉(工房集)

参加方法:ZOOM
(交流のために講義以外の時間は、カメラオンでの参加が推奨されています)

定員: 各回 40 名(福島県内の方 20 名、福島県外の方 20 名程度)

主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
(令和 3 年度福島県障がい者芸術文化活動支援センター事業)
https://hajimari-ac.com

【※延期になりました】2/8→3/7 権利保護に関するオンラインセミナーを開催します※1/31更新

新型コロナウイルス感染の影響により、

日付が2022年3月7日(月)になりました!(時間変更なし)

お申し込み締め切りは2月28日(月)17:00です!お早めにお申し込みください。

障害のある人のアートの取り組みが、本人の生活の質の向上、地域とのつながり、作品の商品化、福祉施設職員や美術関係者の意識への影響など、様々な変化をもたらしています。
著作権などの権利保護に関する基礎知識や、制作活動の先にある作品の2次使用や契約等に関する基礎知識など、商品に関する様々な権利を守るためにはどのような配慮が必要なのかを弁護士から学ぶオンラインセミナーを開催いたします。

障害のある作家さん本人が学ぶ「作家向けプログラム」、福祉施設職員や家族など支援者が学ぶ「支援者向けのプログラム」の2部構成となります。
どちらか、または両方をお選びいただけます。
応募フォームから、事前に講師への質問もご記入いただけます。
お気軽にお申込みください。

【講師】岩本憲武(弁護士、モッキンバード法律事務所)
1973年生まれ。一橋大学法学部卒業、1999 年弁護士登録。埼玉弁護士会所属。東京、埼玉の法律事務所で民事事件、刑事事件について幅広く経験を積んだ上で、2006 年に岩本法律事務所を開業。2016 年からは弁護士法人モッキンバード法律事務所(本部:さいたま市浦和区)に参画。現在は重大事件・少年事件を含む刑事事件全般の弁護活動を中心にしつつ、個人や企業等の代理人として活動するほか、埼玉弁護士会裁判員制度委員会など各種団体の委員等をつとめている。
WEBサイト:http://iwa-law.com


「権利保護に関するセミナー」
日時:2022年2月8日(火)→ 2022年3月7日(月)
第一部/14:00~14:50 作家向けプログラム
第二部/15:00~16:00 支援者向けプログラム
場所:ZOOM
お申込み方法:QRコードか、またはこちら「権利保護に関するセミナー」専用応募フォームよりお申込みください。
事前に講師への質問もご記入いただけます。できる限りプログラムに反映いたします。

お問い合わせは、
アートセンター集まで
Tel:048-290-7355(平日10:00-17:00)