その根底にあるのは、一人ひとりが主体的に生きていること、豊かに生きていること。楽しく暮らしていること。人間らしく、生き生きしていること。そのことを大切にしていること。 工房集は「そこを利用する仲間だけの施設としてではなく、新しい社会・歴史的価値観を創るためにいろんな人が集まっていこう、そんな外に開かれた場所にしていこう」という想いを込めて「集(しゅう)」と名付けました。
さらに詳しく見る

埼玉県障害者アートオンライン美術館のお知らせ

 

埼玉県からのお知らせです。
このサイトでは、
埼玉県障害者アート企画展でおなじみの作家と作品が紹介されています。
また、武蔵野美術大学の三澤一実教授の寄稿文や、
工房集の制作風景を紹介する動画も公開されています。

今後も作品や動画、寄稿文が追加されるので、ぜひお楽しみください。

埼玉県障害者アートオンライン美術館
https://www.pref.saitama.lg.jp/shogaishaart/index.html